小豆島オリーブマラソン

2019年5月26日(日)晴れ

霞んではいるけど今日もいい天気、6時前の早朝散歩。

小豆島オリーブマラソン2019全国大会に参加のお客さんを乗せて坂手港へ、

庵治沖から霧で視界不良、

この先では視界100mまで落ち、レーダー頼りの航行、釣船の集団に出くわした時は微速前進で走るも目の前まで来ないと見えずお互いビックリする場面もあったり。

幸い庵治沖を抜けると霧は晴れてきて予定通り到着。

時間待ちで瀬戸芸作品の鑑賞とマラソンスタートまでギャラリー観戦。

港にあるヤノベケンジさん作品のスター アンガー、

ゴールアーチ、

送迎バスの中にボンネットバス!

スゴイなあ、キレイにレストアされてる。

幼い頃、父が善通寺の療養所に入院してた頃このバスに乗って通ってた。もう60年近く前の話だ。

ウインカーが跳ね出しになってて昔のまんま、

リベット止めの車体も、

車内もそのまま、

持ち主で運転手の方に話しを聞くと、徳島の池田から買って帰ったとか、ほとんどボランティアでやってるそうな。

3月にテレビ旅サラダで渡辺徹さんがヒョコっと立ち寄って賞賛していた大阪屋食堂、草壁まで歩いて行こうとどれくらいかかるか尋ねると軽く1時間はかかるとのことで諦めた。

マラソンギャラリー観戦です。

コースは5km、10km、ハーフとあるそうでお客さんはハーフに参戦、

チアガールの応援があったり、

水撒きで応援する人あり、などでとても楽しい。

本気で走ってる人もいたり、スゴイ年配の人もいたり、様々で見てていろんな意味で自分への挑戦を感じる。

坂手の作品は前回から大幅に削減、というかかろうじてヤノベケンジ作品2つがが残ってる状況だった。

ヤノベケンジとビートたけしの合作アンガー フロム ザ ボトム

お昼を大阪屋さんで頂いた。

ひしお丼、

生のさしみはあまり好きでもなく嫌いでもないおっさんも最近美味しいと感じまくってるこの頃です。

14時に坂手港を出港無事高松へ帰ってきました。

瀬戸芸2019春会期も今日が最終日、ほぼいい天気に恵まれて盛大に終わったようです。

暑さが続きます。帰って水やりしてるとビワの実の袋が破けてた。鳥の仕業だろう幸い実は 食べられてなかったが、唯一の一房なんとしても死守したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です