とうとう捕まえる

2020年3月29日(日)晴れ

朝、メインのパソコンが立ち上がらず、

先日から時々起動しなかったりしてたが、今日は電源を入れ直してもウンともスンとも言わない。

そのうち裏面のリセットボタンらしきを押したりしてたらなんとか起動。

ノートパソコンも調子悪いし、早めに新しいのをチョイスしなければ!

ご近所のサクラが見ごろになってきた。

新型コロナウイルスのおかげで、花見も何もかも全て自粛、AIが進化して生き残れるのはロボット社会なのかも知れない。

散歩から帰ると愛さんが居ない、外を見ると愛さんがイングリッシュガーデンの草抜きをやってた。

草花が芽吹き出して、放って置いたイングリッシュガーデンの再開をやり出したようだ。

ミンサーのブレード3mm穴が届いた。

市販のミンチはどうもこのくらいで下ろしてるようだ。

お昼の弁当を買ってはこ罠のチェックに行くと、いつもトレールカメラに映ってた丸々太って美味しそうなイノシシが罠の中で鎮座してるではないか!

ソロ〜っと引き返し、慌てて昼食を済ませ、準備をして再度現場へ、

止め刺しは、通常眉間へ1、2発で倒れるが、何発撃ち込んでも倒れない。

やっと15発目で倒れたがまだ息がある。

ノドを切って血抜きするがまだ息が止まらない。

車にロープをかけて柵から引き出すが、まだ立ち上がろうとして坂を転げ、再度ノドを切りやっと失血死した。

イノシシの生命力に今さらながら驚いた。また今回これまでなく一番恐怖を味わう事になった。

キレイに洗浄してバックホーにて移動、今回とても重くて移動も大変だった。

こんな時、いろんな道具などに感謝する。

おかげで懸吊も楽にでき、無事解体へ。

食肉にするにあたり内臓など健康体であるかチェックして記録、

体重は推定だけど70kgほど、メスで腹を割ると胎児らしきものが6体、

各々の子宮に収まっていた。人間のやることはヒドいもんだと思いつつ内臓をチェック、

今日は内臓、頭部をバラしてタイムアウト。

明日1日かけて解体処理予定だが、大変な作業になりそうだ。

持ち帰ったトレールカメラの映像をチェック、

27日夜に親と子3頭で来てた。

翌日28日の夜10時半ごろ罠が閉まり捕獲となってた。

すごく用心深いイノシシだった、約半年ずっとカメラに映ってた映像を観ながら捕獲のチャンスを待ってた。

おそらくハンターの気持ちは皆同じなんだろう、目的の動物との知恵比べ、罠を使える人間の方が優位でもなかなか捕らえることができない。

捕らえられないほどに、捕獲した時の気持ちは正直嬉しい。

命を頂く、止め刺し、解体、文字では簡単だけど何か神聖な気持ちになる。

昔の人々は素手でやってたと思うと尚更。

このありがたい自然に感謝しつつ、命を頂きます。

営業許可下りる

2020年3月26日(木)晴れ

いい天気が続く、これで新コロナウイルス流行がなければいい年になってるのだろう。

ま、毎日元気なゴン太と散歩ができ感謝!

あいかわらずなんとか草むらに入りたいゴン太、

支部長がカワウ駆除の礼金を持ってきた。

来年度も駆除活動をお願いされた。

午後から許可申請していた食肉販売業と食肉販売業の確認に保健所の担当者が来所。

指摘されてた床の防水強化をチェック、水質検査も、

塩素濃度を計測、1以下で問題なし。

今日付けで営業許可となった。

安全衛生的な解体方法、流通についての指針ガイドライン資料もいただいた。

飼育された牛や豚とは違う、自然の脅威にさらされて育った鳥獣なので個体一つ一つのチェックが大事、その具体的な見分け方を写真でつづったカラーアトラスは参考になる。

気になってた柑橘類の剪定、

殺処分後12日目の熟成モモ肉をさばいた。

ゴンちゃん用に味付けなしでソテー、赤身の部分が柔らかく、脂身の甘味もあって味もまろやか。

味付けなしで美味しいのは脂ののったこの時期だけだろう、ほんと自然の幸に感謝!

保健所へ申請

2020年3月12日(木)晴れ

いい天気だ。

ゴンちゃんも満足げ。

申請書類を持って保健所へ、

食肉処理業と、食肉販売業を申請。

特に問題もなく受理、過去に取った許可申請の中でも簡単な方かもしれない。

帰り道、毎年この時期あざやかな花をつけるモクレンが満開。青空と相まってとってもキレイだ。

はこ罠を見に行くと、トリガーが動作していたが、獲物はいない。

トレールカメラを見ても獲物がかかった気配もなく動作していた。

一次処理室のマットを敷く。

合わせ目と端部の処理が難しい。

枯れ枝伐採焼却

2020年3月8日(日)曇り

雨も上がりいい天気になった。

アカシアとカワツザクラの枝が枯れてるのを伐採。

伐採枝を細かく切っててチェーンソーの刃が外れ、

刃は全体がガタガタで使えず中断、新しい刃を注文。

よく働いてくれたが、送料込み約1,800円の出費。

乾燥してるのかよく燃える。

2時間ほど焼却でもまだ少し残ってしまった。

果樹へ施肥

2020年3月2日(月)晴れ

今日の最高気温17.5度と4月並み、

あいかわらず草むら大好きゴン太。

もうツクシが出てもいいくらい春めいた天気。

昨年からガゼボのデッキに置いてあった木々の仕舞い。

サッパリしました。

また、ピザパーティーやりたいなあ!

キウイやミカンなど果樹へ施肥、

1袋税込97円、発酵鶏糞10袋、

イノシシ罠を見回り、

ボチボチ本気で捕獲せねば、

頭だけは突っ込むようになってきた。

もう少しやなあ。

あいかわらずエサ泥棒のタヌキ。

今日からレジ袋有料

2020年3月1日(日)曇り

今日から三月、早いなあ。

新型コロナウイルスの脅威が止まらず、全国の学校が休校になったり、コンサートなどイベントが中止になるなどニュースでは生活の多方面に影響が出てるらしい

が、ありがたいかなラッコ園内もまたご近所もいつもと変わらず平和な日々だ。

郵便物を出しに行くと、ここ一年ほどかけてやってた道路拡幅工事が終わって全線開通、工事の間不便だった道路が広々としてた。

マールへ買い物に寄ると、今日からレジ袋が有料になってた。

マールもマルナカ系列、とんと忘れてた。

企業も使い捨てからリサイクルへ、ゴミ問題、少しはよくなっていくだろう。

建物工事が落ち着き、伐採して放置してあった木々を集積、

草が生えだす前に退けておかないと草刈りが大変、とりあえずブルーシートを広げて集積。

ただ燃やしてしまうのは惜しい、野外で屋根のついた薪ストーブを置きたい。

小さなテーブルと腰掛け、お湯を沸かしてコーヒー、焼き肉も焼ける。なんて新たな構想が、、、

キッチンペーパーホルダーを作った。

左は普通のキッチンペーパー、右は濡れても破れない主に肉を拭いたり敷いたりするペーパーだ。

ヤギ小屋の整備

2020年2月27日(水)晴れ

ハトを見つけて追っかけるゴン太。

かっこよくシッポが立ってます。おもしろいなあ。

いろんなメーカーの高圧洗浄機を検討してたけど、ノズル3種を簡単に切り替えできるBOSCHに決定した。

ヤギ小屋を整備、

溜まってたヤギの発酵フンをキウイの肥料に、

ヤギ小屋は、伐採した木々を薪にして貯蔵庫に、

サクラ咲く

2020年2月25日(火)曇りのち雨

あいかわらず園内巡回散歩。

進入路のサクラが咲き始めた。

処理施設のデッキを張って建物工事が終了、

こちらもサクラ咲くですね。

やけど

2020年2月22日(土)雨のち曇り

朝から雨がパラつく、本降りになる前にと出掛けるが早々に帰宅。

帰ってからも遊べ!というゴン太のお相手です。

キウイの枝を溜めてた第二焼却炉に火を入れるがなかなか燃えない。

灯油をふりかけ火をつけるとボンって燃えてライターを持ってた手をやけど、幸い手袋をしてたんで露出してた手首に火がかかった。

大丈夫と思ってたが、だんだんとヒリヒリしてくるんで保冷剤で冷やす。

包帯がなかったんでくつ下を切ってサポーター代わり。

夕方には痛みも治まり一安心。

ブドウの剪定。

夕方には天気も回復、盛り上げてたキウイの枝もブドウの枝もキレイさっぱり。

一次と二次処理室の間のデッキは張るつもりがなかったが、どうも見た目がシックリこない。

ってんで、

必要ない場所だがこれでスッキリ。

今日は令和2年2月22日、時刻は22時22分22秒、

だからどうってことないけどニャンニャンニャンニャンニャン、、、、ちょっとだけ幸せな気分。

保健所の確認

2020年2月18日(火)晴れのち曇り

寒い朝、でもこれが平年並み。

ゴンちゃんも早々に自主的お帰り。

処理施設内の資機材を片付け、保健所担当課から完成した施設の確認に来てもらった。

ほぼ良好、建設前に打ち合わせした担当者は配置替えで不在、不明箇所2点ほど持ち帰ってまた連絡するとのこと、

寒い時は焚き火に限る!

残ってた梅の枝を焼却、さっぱりした。

残りのデッキ張りにかかる。