■CALENDAR■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■
 HOME > >
 

前立腺をMRIで確認
2015年8月15日(土)晴れ

 9時半クワヤ病院へ、相変わらずたくさんの人が診察待ち。

クワヤ病院へ

 血圧測定と検尿は異常なし。

血圧測定

 泌尿器科土曜日担当の井上先生に受診。

 昨年のカルテを入念に見て、念のためMRIを撮ってみようってことになった。

 約30分のMRI、途中から寝てしまっていた。

 先生からは、昨年の映像と出来上がった今回の映像を比べて、前立腺が少し大きくなってると言われた。

 ただ、過去のPSA測定値を比べると、25年、3.07、26年、4.24、今年4.51と上昇幅が小さくなっているのでこの上昇幅だと問題ないとのこと。

 PSA値が1年間で1以上上がるようであれば細胞を採って詳しく調べる必要があるらしい。

 結果病名は、前立腺肥大症との結論で、この歳になると加齢とともに進んでいくらしい。特に尿が出にくいとか残尿感があるとかでなければ治療の必要なしとのこと。

 先生は加齢とともにできるシワと同じです、と言っていた。

 診察が終わったのはお昼前、まずは、昨年のような検査入院がなくて一安心。 

| http://furunet.jp/cp-bin/blogn/index.php?e=5218 |
| :: | 11:09 PM | comments (0) | trackback (x) |
今年も引っかかった特定検診
2015年8月10日(月)晴れ

 狩猟免許試験の診断書を貰いに行ったついでに特定検診の結果を訊きに行く。

 前立腺ガン検査のPSA測定値が、4.51、昨年は4.24で入院検査となったが、それ以上に高くなってた。

 その他はまったく健康、酒びたりの毎日なのに肝臓の指数もまったくもって健全。

前立腺ガン検査

 去年診てもらった泌尿器科の和田先生は居ないってことで、今回は土曜日担当の井上先生を勧められた。

 もうあんなに苦痛がともなう入院検査はしたくないけど、とりあえず土曜日詳しく診察してもらうことに。

| http://furunet.jp/cp-bin/blogn/index.php?e=5206 |
| :: | 11:09 PM | comments (0) | trackback (x) |
無罪放免
2014年8月27日(水)晴れ

 朝、クワヤ病院へ検査結果を訊きに行く。

クワヤ病院

 毎週アレンジされる生花、院長先生のお母さんが生けています。

 今日はパイナップルの実が刺さってました、いつも待ち時間を癒してくれます。

 訊くと台の水槽もオリジナル、貝などは外国へ行ったときに持ち帰ったものだそうな。

生花

 血圧と検尿は異常なし、いたって健康、入院検査後ここ一週間は断酒、水分補給で毎日水1.5リッター、重いものは持たない、病院の指導はこれを一ヶ月。

血圧測定

 看護師さんに呼ばれて診察室へ、W田先生、開口一発、「検査結果は異常ありません」

 え~、ほんとですか、ありがとうございます。

 80%はガンだと思っていたので、ほんとうにありがたい言葉だった。

 生検結果、

生検結果

 先生の話では、軽度の前立腺肥大症があり、PSAの値は高齢になるにつれ高くなることがあるとのこと。

 PSAについては半年後に再度血液検査をやることとなった。

 先月末のPSAの異常値から始まって一ヶ月弱、前立腺ガンの治療について調べたり、後々困らないように終活じみたこともいろいろやってきた。

 命拾いとまでは言えないが、これからの生活を見直すいい機会になったことは間違いない。

| http://furunet.jp/cp-bin/blogn/index.php?e=4402 |
| :: | 09:16 PM | comments (0) | trackback (x) |
検査入院3日目
2014年8月21日(木)晴れ

 お腹が張ったり尿管が痛かったり、動けば尿管が尿道を刺激する。

 何とか朝まで持ちこたえ、8時ごろ看護師さんが来て、尿の血も薄くなってきたので抜きましょうか、とのこと。

 抜くときの火傷をするような痛さ、思わずギエ~と声が出てしまった。

 やっとベットから開放された気分。

 看護師さんに体を拭いてもらい、パジャマに着替えてトイレへ、血の混じった尿と、米粒大の血の塊2つ、あとは空気がごぼごぼ。

 大便も出て少しすっきり。

 朝食はパンと牛乳、バナナにサラダ、まだ膀胱に残尿感があるけどお腹も快調だ。

 退院にあたって和田先生からのメッセージをいただいた。

 来週27日(水)には生検結果がでるようで午前中に来るように、そのときに今後の方針を決めましょう、とのこと。

 お昼前に支払いを済ませて病院を後にした。

検査入院3日目
 

| http://furunet.jp/cp-bin/blogn/index.php?e=4382 |
| :: | 08:41 PM | comments (x) | trackback (x) |
検査入院2日目
2014年8月20日(水)曇り 

 今日は親父が交通事故で入院、緊急手術を受けた日。

 残念ながら翌朝早くに息を引き取ったが、50歳という歳がそんな歳なんだと二十歳の自分は思っていた。

 あれから41年、親父の年齢を越してなお元気でいられることに感謝の念が絶えない。

 くしくも今日は、私が手術台に上がる日。

 さすがに早くから目が覚める。

 朝は隣の人と話したり、機動隊の訓練で手を複雑骨折したらしく10日ほど前に手術、前回は全身麻酔だって昨日は部分麻酔で痛かったそうな。

 9時過ぎ、看護師さんがきて浣腸、排便10時過ぎから点滴です。

 朝から食事はなし、待ち時間が長い、14時看護師さんの案内で歩いて2階の手術室へ、入り口で手術の看護師さんが4人が待ち構えてる。

 高級エステに入ったような感じ。

 手術台に上がって準備、和田先生が来るのを待つ。

 腰椎麻酔の痛さを心配していたが、先生が言うとおり最初チクっとしただけで後はほとんど痛みはなかった。

 手術内容を先生がひとつひとつ丁寧に説明してくれるので、緊張もほぐれ安心できた。

 下半身がしびれた後はすべておまかせ、10個所の前立腺細胞採取も痛みも何も感じず終了。

 ついでに膀胱内を内視鏡で診察したが悪いところはないとのこと。

 一つ一つ画像を見ながら説明してくれる。

 最後に尿道に尿管を入れて終了。

 そのままベット(ストレッチャー)に移され部屋まで帰る、時計を見ると15時半。

 手術室での検査は40分ぐらいだったかな、心配するほどのことはなかった。

 問題はこれからだった。

 2時間ほどで麻酔も覚めてきて、夕方18時ごろには食事が食べられるほどになった。

検査入院2日目

 これから尿管がじわじわ痛みを誘ってくる。

 夜中にはお腹が張ってきたり、腰が痛くなったりガマンできずに看護師さんに面倒をみてもらった。

 血尿を体外に流すために水をどんどん飲んだり、うとうとしながら夜を過ごした。

| http://furunet.jp/cp-bin/blogn/index.php?e=4381 |
| :: | 10:47 PM | comments (x) | trackback (x) |
検査入院初日
2014年8月19日(火)晴れ

 14時愛さんに送ってもらってクワヤ病院へ。

 一階で受け付けを済ませ、看護師さんの案内で病室へ、案内されたのは4人部屋の306号室。

検査入院初日

 今回が人生初めての入院。

 血圧を測って既往症や家族構成などの問診、看護師さんはみんな若くて入院もまんさらでもない。

 あとで陰毛を剃るとのこと、だれが剃るのか訊ねると男性とのこと、女性看護師さんがよかったなあ。

 生検前の食事は今夜21時まで、飲料は明日10時までで、あとは点滴で栄養補給となるらしい。

 また、生検に先立って浣腸もあるらしい、いややね。

 一通りの工程や注意事項を説明してもらい、ベットで休んでると毛剃りに男女の看護師さんがやってきた。

 男性看護師さんが、自分で剃ってもいいですよ、ってんでそうさせてもらったが、これをやる方も仕事とはいえ大変です。

 これでいいですか、って見てもらいOK。

 病院ではプライバシーはないと思わなければばらない。

 17時半に食事が運ばれてくる。

 ご飯に、おかずはサバの焼いたものと白菜、海草とジャコを醤油で味付けしたようなもの、キウイにブドウ粒2個、愛さんの食事に比べれば3倍ほど質素だ。

検査入院初日

 4人部屋の一人は手を骨折して長く入院してるらしい、今日は手術後の回復がよくなく2度目の手術だったらしい。

 あと一人は外泊中、あとは退院してベット空きとなってる。

 21時になると消灯、酒を飲まない日は久しぶり、こんな日があってもいい。

 病院内は意外と静かで、うとうとしながらもゆっくり寝られた。

| http://furunet.jp/cp-bin/blogn/index.php?e=4380 |
| :: | 11:31 PM | comments (x) | trackback (x) |
MRIを受診
2014年8月6日(水)曇り時々晴れ

 生検前にガンの部位を探るためMRIを受診。

MRIを受診

 相変わらず血圧は正常、人間の健康って分からないものだ。

MRIを受診

 14時半に病院へ行き、15時前から造影剤を注入するための点滴。

MRIを受診

 15時15分から点滴に造影剤を注入したりして40分ほどMRIを受ける。

 いろいろ考えても仕方ないので後は病院や先生に任せる気持ちになっている、まな板の上の鯉って感じやなあ。

 MRIが終わり、残りの点滴を済ませて和田先生の診察。

 結果、MRIでの陰影は写ってなくて、生検はピンポイントではなく10箇所まんべんなく採取することになった。

 先生のお父さんもMRIには写らなくって、生検をしたら10箇所中3箇所でガン組織が見つかったそうな。

 生検日は8月20日(水)、前後1日づつの入院が必要で2泊3日の入院、人生初めての入院やなあ。

 くしくも、8月20日といえば41年前に親父がバイクで事故った日、翌朝早くに息を引き取った。

 いろんな思いがよぎるが、早く白黒つけてくれって気持ちが強い。

 生検に先立って院長先生に健康診断を受け、今日の診察を終える。

 今日の診察代は12,000円ちょい、17時半に終了した。

| http://furunet.jp/cp-bin/blogn/index.php?e=4345 |
| :: | 10:55 PM | comments (x) | trackback (x) |
前立腺ガン
2014年7月30日(水)晴れ

 クワヤさんへ精密検査に行ってきた。

 水土曜日に岡山大学病院から泌尿器科の先生がやってくる。

 至って健康な値を示す血圧計。

前立腺ガン

 泌尿器科の先生はいろいろやさしく話してくれる和田先生、自身の父親も4年前に前立腺ガンで先生自身が執刀、今では元気に快復しているそうだ。

 その父親も毎年のPSA値が増加して精密検査でガンだと判明したらしく、ガンになる前からもしもガンになったら、私がお父さんの手術をしてあげるからね、と約束してたのがホントになったと話してくれた。

 精密検査の説明を丁寧にしてくれて、PSAの値が高くなる理由について、①前立腺肥大という病気、②もう1つは病原菌によるもの、③もう一つが前立腺ガン。

 尿検査では異常がなく②ではない、超音波で前立腺の大きさを測るが正常で①の可能性はない、残るは③の可能性、触診では大腸側にガンのシコリはなかった。

 最終的なガン検査(前立腺の組織を採って検査する前立腺生検)の前に来週MRIでガンの部位を診ることにした。

 事前にネットで調べたりしていたので、やっぱり、って感じだったが、PSAの値からガンであっても初期のガンだろうと推測している。

 いずれにしても、身の回りの整理を早くやらなければ・・・

| http://furunet.jp/cp-bin/blogn/index.php?e=4328 |
| :: | 11:02 PM | comments (0) | trackback (x) |
特定検診結果
2014年7月24日(木)晴れ

 クワヤさんへ。

特定検診結果

 検診結果は日々の不摂生にもかかわらず異常なしだったが、オプションの前立腺がん検診でひっかかった。

特定検診結果

 帰って過去のPSA測定値を見ると、23年2.06、24年2.67、25年、3.07と序々に高くなってた。

 加齢によって値は高くなるようだけど、気になるんで来週精密検査。

| http://furunet.jp/cp-bin/blogn/index.php?e=4317 |
| :: | 11:36 PM | comments (0) | trackback (x) |

 


PAGE TOP ↑